あるあり日記

個人的な感覚・感想

委託事業

核燃料再処理施設の更なる完成延期

原発で使用済みの核燃料を適切に処理し保管をすると言う再処理工場の完成がまたもや延期されました。 思い起こせば1993年からこの再処理施設の計画(建設開始)が始まったわけで、当時は1997年に完成と言うはずで事は進んでいました。 予算も約76…

Go to不振でも委託先は安泰な事業

国や地方自治体の公共事業などで特別な措置として行われる事業に関して、個人的にいつも思うのはその支援や措置などの事業が仮に不振と言うか意味が無かったとしても、ある一定の期間又はズブズブの癒着関係値では委託先への委託金(受託金)の人件費や事業…

政治と金とはよく言ったものだ

コロナ騒動の余韻が残っている中で、新たにと言うか既に目を付けられていたと言うべきか公職選挙法違反に関する記事や、公的資金の流用の在り方などについての疑惑がニュース記事などを沸かしています。 昔から政治と金と言う諺に近い言葉がありますが、まさ…

全世帯布マスク配布完了の記事を見て

新型コロナによる予防措置政策の一つであった全世帯や医療・介護分野への布マスク配布が昨日完了したとの報告がなされていたと言う記事を見ました。 今更感は一先ず置いといて、今度こそ本当に全世帯などに配布がなされたのか?実感が湧かない事と、事業費が…

Go toキャンペーンの事務費算出方法が気になる

経済対策の一つであるGotoキャンペーンについて少し気になる事がありましたので記事とします。 総額約1兆7千億円を掛け、その内事務費用が約3千億円、観光対策委託事務費には上限2千2百億円と言うようなネット記事をざっと見ていきました。 このGotoキ…

非常時の公的な資金投入の委託事業は中抜きが多い

現在持続化給付金に対する中抜きと言われる行為が問題として挙げられています。しかもその国からの委託先がペーパーカンパニーである可能性も高く、更にそこから一定費用を抜いた上で再委託している事が大きな波紋を呼んでいます。 活動実態のないようなペー…