あるあり日記

個人的な感覚・感想

SOS機能搭載機能の一般車両適用化について

煽り運転危険運転又は事故などにおいて活用が見込まれるドライブレコーダーの一般的な自己負担での購入が多くなってきています。

これに付随するような形で自動車業界では新たに一般車両においてもSOS機能を搭載できるオプションが発表されました。

現段階ではSOSのボタンがありそれを押すと提携している専属窓口へと繋がると言った機能で、煽りを受けている時などに相談できるだけの支援と言った形です。

いまいち詳細は判りかねますが、一部の高級車には既にこのような機能は搭載され導入していた事と、近年バスジャックやタクシーに対する事件なども多数起きている事から、SOSサインを電子板などへ表示できる機能は進められてきていました。

個人的な感想として一応の搭載する事による一定の抑止力にはなるかもしれませんが、そもそも論でこの機能の窓口を何故警察の相談窓口と連携できないか?ドライブレコーダーや今高齢者による危険運転の操作ミス軽減を図る踏み間違え防止装置などを標準装備とせずにオプションでしか導入できないと言う中途半端な方針と感じています。

そしてバック時などに車両に搭載されているセンサーなどの機能も著しく発達していますのでそれらも含めた総合的な連携機能の追加が必要です。

福祉の観点から見ても提携や連携できる制度作りと企業における政策を今一度改めて考えていく必要があると思います。

今回の機能については非常に中途半端な機能をピックアップした何とも言えないニュース記事でした。