あるあり日記

個人的な感覚・感想

医療・介護・保育園など人員体制においての誤解

医療・介護福祉・児童などで、人員体制不十分な要因において事故が起きたり、或いは死亡者まで出てしまっている様なケースが散見されます。

マスコミなどではちょくちょくこの人員体制から起きる事故問題と一部特異な従事者による悪意ある事故(犯罪)などで、ごちゃ混ぜになっている事もあります。

医療・介護福祉・児童保育・学校どの分野においても利用する側の人数に対して基本的な最低人員配置が決まっているものの、概ねがその最低人員での配置或いは見かけの人員配置でもって運営している所が多いとも言えませんが少なくはありません。

これは一般の会社での運営と同様に利益(ゆとり)を出さなければ運営できない状態に制度上でなっている事が大きな要因となり、更に最低人員運営と言う事が感覚として当たり前と言う状況下になっている事もあります。

基本的に最低人員以上でもってゆとりのある、目の行き届いた、利用者にとって喜んでもらえる様な状態である事が本来は好ましいのですが、悲しい事にこれは誤った認識を持たせる最低人員と言う制度と対価の度合いが全く見合っていないと言う事がこうした痛ましいような事故や惨劇、不正保険請求などを引き起こす要因ともなっています。

運営者側では最低人員さへ守っていれば(確保していれば)、利用者がどうであれどもどうにか運営できていると言う誤った認識に陥ってしまい、制度を定める側においても残念ながらその発生要因の認識にすら気が付かず改正がなされないまま現在に至っていると言う状態です。

これにより、保険外での実費負担を強いる事で利益の確保がようやくなされると言う悪循環があり、利用者は勿論の事ながら、現場で対応する従事者にとってもとても悪い環境での運用になります。

自身が介護福祉関係の従事者ですので、高齢者のサービスであるデイサービス(通所介護)を例とすれば、介護保険の改定が3年ごとに見直しが行われていますが、利用者に対する人員配置が5人に対して1人と言うざっくりと言えばそんな感じです。(厳密には違いますが)

更に最低の最低人員で言えば生活相談員1名・看護師1名・介護士1名と3人で15人と言う事になります。

たしか小規模(15人以下)・中規模(39人以下)・大規模(40人以上)という区分があり、それぞれに応じた最低人員が決められており、利用者の人数規模により、おかしな事で小規模の方が一人当たりの介護保険料が高く、大規模では利用する人のサービスの質が落ちると言う事から減額になると言う換算になっています。

他の事例においても、ショートステイ(短期入所生活介護)では17名までは、実質2人の介護士(若しくは1人は介護士でなくともよい)で支援をしていかなくてはなりません。

人員配置においてもこうした最低ラインで運営していると言う現実があると言う事です。

薄利多売でサービスの質も実はいい加減と言う事が伺えます。

逆に儲かっていると言う所は怪しすぎると言う側面すら個人的には感じています。

何処でもそうであるが利益が薄ければ、人件費コストの削減をするか、介護保険料以外で実費負担の何かしらの料金を追加していると言う事が分かる筈です。

あくまで介護面での話ですが、医療や保育、学校においても共通の側面があると言う事は間違いなさそうです。

これは国や関連省庁における制度の理解がほぼ出来ていないか、関係団体における何かしらの要因があって改正出来ないのかのどちらかにつきます。

今後もこうした所では同様の事が継続する傾向により、悪循環な状態が生まれる事は間違いありません。