あるあり日記

個人的な感覚・感想

ジェネリック医薬品は本当に安いだけなのか?

薬で有名な富山県で幾つかの医薬品に関する違法な事例が多発しています。

今でこそ特許切れでジェネリックとして安価に成分も効能も同等の薬剤が開発されて、一般的な薬剤においてはこれを利用する人が多くなってきています。

ジェネリックの利点としては効果も同等であると同時に安価になっていると言う点が功を奏して、既存の製薬会社からジェネリック製薬会社での薬剤へと切り替わる事がこの後発同等医薬品の利点とCMなどでも謳われて、あたかもジェネリックの方が良いと言う印象を持たせました。

しかしながら冒頭でも述べたようにジェネリックの多くは検査不備・成分不正などが摘発される事例が多くなるにつれ本来の正体がバレつつあります。

これは別にジェネリックだけでなく新薬においても同様の事例は実は起きているのは多くの人がよくよく考えてみるとあり得ると言うのが分かると思います。

そして薬剤でなくとも他の加工品などにおいても分野が異なるだけで同様の事例は起こっています。

何処でもそうであるが、当初は特に慎重に慎重を重ね万全を期し製造を行っていくのが一般的ですが、人は利益が出たり、需要が過多になると起こるべくして起こる状況下に置かれます。

慣れや習慣と言う物は恐ろしい物であり、特に時間に追われるような状態では何かを省いてしまうと言う事が起こります。

この省略の様な事が時には不良品を生んだり、不正が現れたり、訴訟問題までも起こる様な事に発展する事例がこれまでに幾度となく繰り返されてきています。

科学技術の発達と共に新たな手法などが取り入れられるのは良い事ではあるが、時としてとんでもない弊害を時を経て引き起こす事があります。

今回はジェネリックに関してですが、本当に効果は同じでも同等の成分であろうかと言うのが実は問題点であると思います。

結果として同様の成分が形成されると見られるも構成はミクロの世界では厳密には異なると言う事は化学の化学式・組成式などから見ても一般的にはきちんと説明はされていません。

物質が同じでも精製過程・製造過程において異なれば一応は同じに見えるが、ジェネリックなどにおいては個人的には異なっていると言うのが正直な話であり、今回の不正などが起きている背景でもあるかと思っています。

今回の事件に関しては一般人には余り余波は少ないかもしれませんが、事は非常に重大性を帯びていると言う事だけは承知しておいた方がいいと思います。