あるあり日記

個人的な感覚・感想

混沌とした時は関係のない分野の趣味に浸り立ち入らない様にする

現在では大小様々な事象が問題として話題に事欠けない雰囲気となっています。

自身は仕事でのストレスなどを発散するなどの意味を込めて、異なる分野の興味がある本など読み未知なる想像に耽っていたり、運動や普段できない様な掃除などをしながら気を紛らわせています。

趣味においても他人に迷惑を掛けたり、お金がかかるなど無駄な物は排除するようにしていますので、世間が騒々しくとも比較的切り替えができる習慣として身に付いているようです。

運動や掃除などを除くと、やはり宇宙の事象についての事が気になりますので何度でも同じ書籍などを繰り返し読み、時には選りすぐった新たなる書籍を購入したりして、自身の身の丈に合った書籍を読んでいますので、逆に相違点や変更点などが目についたりして逆にどちらが科学的な根拠に基づいて示されているのかをチェックすると言う事も醍醐味の一つです。

不思議なもので興味がある分野の書籍に関しては分厚くとも気にならず、一般的な教養みたいな物で、苦手なものであると分厚い書籍ともなれば読む気すらしないと言う感情を抱くと言う至って真っ当な現象が起こるものです。

よく書籍でも改正版みたいな物が発売される事がありますが、欠落していたり、どうでもいい事が追加されていたり、ほぼ変更点は無いと言った物すらありますので注意が必要です。

今の子どもたちの教科書みたいな書籍が結構の割合で他の分野でも取り入れられている事が多いが、以前にも記述した通り自身は不要なキャラクターなどによる無意味な解説は受け入れがたい昔の人間ですのでそれを自身の興味のある書籍に取り入れられると不愉快にすら感じます。

これもよくあるが、無意味にページを増やしている書籍も同様であり、購読に値しない物の対象と自身にはなり、誤って購入した暁にはすぐさま廃棄への道へと進む経緯へと辿り、損をしたと言う無駄な経費へと家計簿に記される事になります。

今では流行っているのかどうか分かりかねるが電子書籍があるも自身は紙媒体派であり、趣味に関して電子書籍を購入した事がありません。

タブレットスマホなどで見れるものの、電子機器を使用していると言う無駄な電気料金の経費が積み重なる経過を考えるとそれこそ損をしているような気分にもなるし、見ていて読んだ感じがしない、ブルーライトで目の疲労や損傷が蓄積するだけです。

オンライン会議や同様の形態の事象でもまだまだ通信技術が不安定である現状を目の当たりとする中途半端な代物であると感じている所です。

話は横ずれしたが、こうした時は落ち着きを取り戻す休息の時ですので、趣味でもいいし、だらりと休息をするのも一興ですが無意味な浪費や他者への迷惑はかけない事が重要であると考えます。

科学技術が進化するも日本では法的規制などが慎重になり過ぎ遅れて進む

どの時代においても技術や文化など文明が進むにつれて国々が考案・検討し改正されるも、新しすぎるものであったり、古すぎるものであったり、何かしらに利するものであったりと様々で、歴史的においても経過を顧みる事ができます。

様々な事柄があるものの、成功してきた例と言う物はどちらかと言えば長期的な安定をもたらす時代もあれば、短命に終わる経緯を辿ると言うような状態があるが、長期的な物は比較的少ないと言える傾向にある。

同じような形態の文明を見ていても近隣などにおいて不安定であれば、良き政策を施しても国々の思惑により決断を迫られ、あらぬ方向へと行く過程も歴史的に多くあり、現在においても同様である。

ただ変遷期など大いなる変化が訪れる際にはどの事象においても多大なる被害や人命が失われると言う悲しい現実は避けては通れないと言うのも歴史的には大いに存在している。

特に情報に関する周知が簡単に多くの人々へと拡散できるようになってからの変化と言う物はメリットもあればデメリットも当然の事ながら事象として起こる事は想像するまでもない。

情報技術に関する進展により、個人的な話にはなるが人間の負の側面と言う物が大いに躍進し、事実でない事ですらあたかも真実であるかの如く知れ渡るので厄介である面、情報弱者と言われるような情弱の犠牲者が普遍的に熟慮せずに行動に移ると言うおかしな現象が度々問題として生じている。

そして典型的な言い訳や都合の良い解釈、日和見、火の粉が移らない様に言動が変化したり、時として本質は悪くともこうした時に名声や富、組織を膨らませると言った言動に急激に移る人など見ていてこれ程小粒になっていると言う現在の日本は残念ではある。

今では小粒のやや上でも逐電したり、野に下ったり、密かに己を磨いたりと社会上の表舞台からは姿形すら見せませんので小粒同士の潰し合いみたいな出来事が散見され、出るべき人、登用すべき人、顕になるべき人が見えてこないのが歯がゆい状況であり、個人的にもそうした人々の到来を待つ事しかできないのも嫌なご時世ですよね。

最近の注視している物について

最近のと言っても自身が介護福祉の現場から総務部へ異動してからの関心事になってしまい、ここ5・6年注視したり、違和感を感じている稼業についての事です。

先ずはよくある官公庁や企業などの公表されている貸借対照表です。

一般の人が目に行きがちなのが経営状況で純利益の部分化とは思いますが、個人的には資産、固定費や流動費、負債、営業損益など純利益以外の部分の推移などや公表状況にもよるが、何にどう使われているか?何の投資や整備などに利用されているかがざっくりしたバランスシートだと分かりにくい点が多くあるかと思います。

ただ関連している様な団体であったりするとざっくりでも大方の想像が働きますので、大まかに何が起きているのか?これからどう動いていくのか?が何となく付きますので、様々な産業や官公庁などの公表を見ていて余計な想像憶測などを立てる楽しみがあります。

ただニュースなどで話題ともなれば起こりがあったと言う事で、更なる想像を傾かせます。

経営の大まかなプロセスとして、新規事業や企業では無ければ経営目標を立て、研究・開発・企画から実験・試験・改善などをへて生産と言う過程に入る事でしょう。

生産におけるプロセスでも現在では完成品に至るまでに受注生産の傾向も高く、原材料などを調達する場所にもより、生産拠点も一部過程では海外であったり、日本であったりと様々ではあるがかなりの偏りにより現在の様な品不足みたいな状況が起きます。

一方で受注生産でありながらも、細かな部品などを製造するような所では不足分があってはならなくて且つ価格を抑えると言った傾向から品質部分での問題が生じていますし、余剰品を抱える様な中小企業などはざらに存在している始末です。

現在では製造拠点の場所が至る所にあり、それらを運搬する・搬送すると言ったところで経費が掛かっていますので物価高となっており、物その物自体は相変わらずと言った所でしょうし、原価など例外を除き恐ろしい位安いので分かると面白いです。

また需要と供給のバランスにより原材料の奪い合いみたいな物や生産と流通がそれこそ偏っており、高騰したり、滞ったりと言った状況が生じております。

新規事業や企業においては特に負債からの始まりであり、軌道に乗るまでは誰もが賭けみたいな状況であり、長期間かけなければならない物から、短期で爆発的に元を取り戻すような事もあったり、伸びたと思えば流行のように一過性のものであったりと様々な過程や出来事がありますので、これもまた難しいですね。

後は製造してからの販促・宣伝・場所など要因は幾らでもあり、並行して多くの商品を販売している所であれば悩ましい部分です。

当然、自然災害や人災等における要因も経営においては重要な位置づけとなり、どれだけ予防措置などに注げたのかは、事件が起きてからのプロセスを見るとまる判りです。

話は貸借対照表から経営の話に向いてしまったのでもう一つの注視している事柄を見てみましょう。

それは職種と言うか会社と言うか、コンサルティングと派遣と言われているものです。

何なんですかね~。

こんな家業が成立する時点で無駄以外の何物でもないと理解できないのが個人的に不思議で仕方がありません。

再委託や再々委託事業みたく、中抜きの典型と言うか無意味な存在で、経費の無駄と感じるのは自身だけですかね。