あるあり日記

個人的な感覚・感想

財務省による国交省への借り入れで自賠責保険料が何故か値上げとなる

車両を利用している人には本当に酷い話だと感じるニュースです。

一般的に自動車や自動二輪など車両において強制的な加入がなされている自賠責保険料の財源を国交省から財務省がなにやら数十年前に借り入れをしていて、未だに返還が無いが為に何故かユーザーからの自賠責保険料を値上げせざるを得ない状態が発覚した。

どこかでも似たような話があったが、国民による保険料において補償するためにあるものを幾ら財源があるからと言って当ても無いようなと言うか、国の財務全般を担っている筈の財務省が借り入れると言う異例中の異例が行われていて、20年ぐらいも1円たりとも返還がなされていないと言う状況が放置されていたのも問題である。

何のための税金か?何のための年金か?何のための保険料か?何のための所得税か?何のための国債発行か?

似た話が年金・簡保・高速道路などにおいて事例がある。

そして何故か国なり各省庁所有である物件や土地などはこうした事態には売却しないと言うおかしな話。

国の省庁は財源が危うくなりそうになるといとも簡単に何かしらの負担を国民に強いるし、取り立てもおおかたキッチリと取り立てる。

が、補助金助成金、給付金、手当金などではおおよそ平等には行き渡らず、不正などの温床になりやすい。

そう全ては天下りと言う最強の取引が関連機関や機構などで行われている為である。

天下りだけではなく、客先常駐や出向・派遣など現役世代での職員派遣をも当たり前のように行っているからである。

そうした事を受け入れている、常習化している機関などでは関連省庁からの恩恵が受けやすいと言うシステムともなっている。

公務員の特権の象徴とも言える原理だ。

それだけのみならず、保険や税金などの特定財源を融通する事やむやみやたらに放出すると言うとんでもない事を平気で行う集団。

自身も半官半民の福祉団体職員だが、勤めてから毎年行われる自己申告書に嫌味のように天下りだけは止めろと書き続けて提出している。

しかしながら、当然の事ながらこんな意見など途中で揉み消されて虚しく散っていくのであった。

今更ながら改めてしみじみと問題の大きさを感じる

よく少子高齢化により年金負担が高齢者1人あたり労働世代2~3人が担うと言う事柄を見聞きする。

しかしながらこれらは元々年金を積み立てると言った制度開始から、それらの積み立て財源が年々大きく溜まってきた当たり前の事象を軽視し、特に厚生年金を主流として多くの箱物事業などへ後先考えず利用した事による厚生年金事業の展開が、今となっては上記に記したように財源の枯渇(破綻)を招き、厚生年金保険料の負担増化に繋がっていると言う状態を改めて思い起こしています。

月々の厚生年金保険料と共に更にだいぶ前には賞与(ボーナス)への保険料負担も追加されたと言う経緯を思い起こし、そもそも年金事業自体が崩壊していたと言う見方が出来ます。

こうした保険料の増加と賞与などへの保険料追加でさへ、追い付かない程に財源が無いと言う現状を改めて考え直す必要があると個人的に今朝急に考えていました。

これとともに郵貯簡保事件も同様の事例です。

無駄に捨て置かれている年金事業による箱物などは今後整備するにしろ別の所からの税金負担が見込まれます。

高齢者が多いから年金負担が増加していると言うあからさまな嘘を鵜呑みにしている人々はこうした事件の背景を隠したいのか、それとも知らないのか分かりませんが、少なくとも厚生年金として積み立てた物を戻さずに、他の事へあたかも良い事のように使い切ってしまったので、厚生年金事業をある時期からゼロからのスタートと言うのが現状と言う事です。

そりゃあ今の世代が積み立てていると言う状況にならないのはこうした背景によるものであり、当然給付年齢も高齢化するし貰える金額も少ない訳だと考えるのが自然で、何ならこの保険事業を辞めて一度整理し国の責任の下で国債発行して還元し、民間保険事業者だけへと移行をする時期なのかもしれません。

当然の事ながら民間ともなれば損得があからさまに起こるので、年金と言う考え方自体を変えていかなくてはならないと思っていながらも、月々と賞与には厚生年金と健康保険料が引かれていると言う事実もいい加減にしてもらいたいと言う感じです。

ただ現在の財務官僚出身政権では増税一本槍づくめですので、終末思想的な考え方は宜しくないですが、何かしらの事態が起こらない限りは生活困窮者やギリギリでの生活をしている人々がゆとりある日常生活へと戻る事は永遠としてあり得ない感じも否めません。

離れていても活火山地帯が多く存在する日本

オーストラリアよりも遥か北部に位置するトンガ諸島での大規模噴火により、北北西と更に遠くに離れている島国日本でも海に囲まれている為に、微量の大気圧変動や海面の変動などが起きており、警戒アラームが鳴ったり、現実に小型船舶の被害なども起きている。

ただでさへ日本国内・周辺海域でも地震が多い地域であるが為の宿命的な出来事と言える。

日本とトンガとの中間地点辺りであろうハワイでさへよく噴火が起きている事は多くの人が知る所である。

また、右斜め下に位置する諸島や小島、海底火山では丁度新たなマグマだまりが出来やすく、噴火の規模や水面下・地上に出ている火口での位置などで、火山による影響は最近では軽石問題など始めとして、火山灰の除去作業などが生じて地震が軽くとも日常生活に影響する直面もよくある。

ただ一方で温泉地帯や熱気孔を利用した商業的な活動も活火山が多い日本ならではの日常的な経済的な活動でもある。

現在では登山なども活発的に行っている人々も多い為に、趣味や健康と言った利便さを利用する傍ら、いざと言う時には宿命的に被害者が出ると言った痛ましい自然による事件も歴史的に大規模となる。

この表裏一体、利用できる事は何が地下で起きているのかと言う物を十二分に理解しておく必要がある。

ただかと言っても頻繁にあちらこちらで火山が噴火する、大規模地震が多発すると言った事は無いが状況下である為、事前に心構えと言うか準備すると言った事が無駄になる傾向もある状態では、まだ季節的に訪れる豪雪や台風の方が遥かに実感が湧きやすい。

地震にしろ噴火にしろ地理的に日本ではこうした宿命を背負った上での島国である事は、こうした傾向の少ない国においてとの対比は困難であり、そうした面でエネルギー問題や環境問題、経済活動問題なども独自で開発していくしかない。