あるあり日記

個人的な感覚・感想

予防

院内感染は常に気を付けていても起きる

病院と言えば様々な症状を持った病気の人や一過性の症状に対する診察を主に行うために受診する人が多い所です。 勿論救急搬送されたような人なども同時に存在しています。 こと人に感染しやすい病気の場合は幾ら病院側が注意・予防・殺菌などしていても、所…

お盆などに対する予防の要請について

国や地方自治体又は分科会などにおいても、お盆のシーズン又は夏休み(地域により異なるが)の時期に入る事が感染の拡大への懸念材料として、この時期だけを狙い撃ちしたような要請はおかしいと思いませんか? 行楽シーズンであろうとも平時であろうとも予防…

特定のうがい薬が有効との誤解が招いた被害

どこかの知事がヨードチンキ(正確名では無いですが)で作られたうがい薬がコロナに有効であるかの語弊を招いた発言の結果で、そのうがい薬が瞬く間に店頭から消えそして高額転売に一気に発展した事件がありました。 コロナショックで経済的に低迷している中…

季節の行事などは自粛傾向

未だに感染者(患者)の増加傾向を受けて、特に発生者(陽性反応者)数の多い都道府県においては各自治体ごと独自に予防の再度強化や自粛もしくは一部業種の休業・時短などを要請しています。 もはやGoToは何処へ行ったのやらです。 そうした状況下もあって…

陽性反応者に対して必要以上の隔離体制を取るべきでない

PCR検査の特定分野職種を狙い撃ちにした挙句、陽性反応者を感染者(患者)とみなして必要以上の隔離体制を取っている為に医療や隔離施設のむやみやたらな切迫したような状況下となりつつあります。 これは国や自治体、主に世論の反応などによるものが大いに…

タバコの段階的な値上げ

現在は嫌煙・副流煙問題などにより公の場所や飲食店や娯楽施設などでも禁煙場所が増えて来ています。 自身は20歳からの喫煙者であり副流煙問題や禁煙場所の拡大により肩身の狭い生活を強いられるようになり、禁煙者の増加も相まってか所謂ところの喫煙者同…

月を追うごとに失業者が増加傾向にある現状

このコロナショックによる経済的な低迷は未だに継続しており、多くの企業においては事業縮小や整理解雇(希望退職など)などのコスト削減を行ってはいるが、それでも尚困難である企業もあり倒産に至ってしまうと言うケースが月を追うごとに増加傾向である。 …

政府はまた新たに布マスクの委託をしていた

今回の記事の出所である報道局は偏りがかなりあると有名な所ではあったものの、やや見逃せない出来事でしたので見ていきます。 それは政府が全世帯に布マスクを配布した政策と医療や介護関係者などへ別途に配布された政策に続き、更に同じ布マスクを新たに医…

検査対象の偏りによる無意味な増加傾向報道

最近数字だけで見ると面白いように増加しているコロナ騒動です。 以前にも述べましたが、ある夜間の接客を伴う職業をターゲッティングした検査体制への増加に伴い、コロナではなくウイルス性の風邪に罹患している人にも影響が及んでいます。 一般的に例えと…

男女における認知症の種類の比較について

以前高齢者における認知症について少し書きました。 職場の同僚や看護師達と雑談時に、高齢者の認知症の種類では無くて男女差による認知症の発症種類についてたまたま話題が出ました。 看護師たちと言っても激戦・歴戦の現役を退いたOBの看護師ですので、知…

自然災害はいつ起こるか分からない事もある

コロナ騒動時においても、豪雨による自然災害が起きている時でも、他の自然災害への併発が起きた場合への問題が度々見られます。 最近では南海トラフ地震への懸念、活火山の大噴火への懸念などが上げられます。 専門家の間では地震と火山の噴火と言う物はあ…

便利な加工食品が人間に与える影響について

現在は安価で手軽で早く調理できる様な冷凍食品であったり、インスタント食品、健康食品、コンビニ弁当、お菓子など飲食物が多様に存在しています。 こうした飲食品などは便利であり、時間の短縮や忙しい人、モノによって好き嫌い好みがある人などに対して重…

コロナに対する感染拡大と言う情報のみが先行している

最近特定の地域と職業におけるPCR検査の拡大によって、目覚ましいまでの感染者(患者)拡大と言うようなニュースなどを毎日のように目にしています。 まず気になるのはある程度感染が拡大しやすいであろう地域と、そうした環境を持ち合わせている傾向にある…

やはりテレビ報道はおかしかった!!

とある場所の待合室にてたまたまテレビが置かれ、ニュースが流れていたので久々にテレビでの報道状態を確かめるべく短時間ではありますが現状を見ていました。 現在は梅雨時で度重なる豪雨により、各地で自然災害が発生しています。 今日放送で見たのは確か…

科学技術の発達に反して過剰なまでの予防措置について

現在では高齢者からしてみればとても豊かで比較的自由である生活が送れていると言うような話を、介護現場で勤めている頃から現在の福祉従事者として勤めている今でもそのような話題は出て来ています。 これは敗戦を経験した日本だけではなく、世界中において…

防災に対する意識は高くとも行動には出せず

長期間の雨が続きあちらこちらで集中的に雨量が多い所では自然災害による被害が起こっています。 以前生活インフラの一部である水道に関してブログとして挙げた事があるかと思いますが、高度経済成長で一気に上下水道などが整備されて、これらが大規模での耐…

高齢者に多いパーキンソン病について

高齢者が認知症(血管性認知症・アルツハイマー型・レビー小体型)になっていく段階で、その発症以前にパーキンソン病(症候群)になっている事もあります。 以前認知症について書きましたが、このパーキンソン病も認知を引き起こす要因となりますので見てい…

未だにコロナに関する報道が煽られている事について

コロナ騒動がやや終息の域にありつつなる中で、未だに新たな感染者(患者)やクラスター(集団感染)などの一部報道が出し続けられている状態を以前にも同じような記事を書きましたが、とても不思議で仕方がない自身がいます。 既存のコロナウイルスでは無く…

健康食品と言われるものについて(注意点)

近年健康志向や理想体型の維持などの美意識が高まっており、健康食品やサプリメントと言った物が話題となっています。 勿論こうした健康食品に頼らず健康的な生活習慣や適切な食生活に心がけると言った健全な方も増えています。 今回は健康食品の注意点を見…

全世帯布マスク配布完了の記事を見て

新型コロナによる予防措置政策の一つであった全世帯や医療・介護分野への布マスク配布が昨日完了したとの報告がなされていたと言う記事を見ました。 今更感は一先ず置いといて、今度こそ本当に全世帯などに配布がなされたのか?実感が湧かない事と、事業費が…

食中毒に注意したい時期です!!

この梅雨時から夏場までにかけて熱中症と共に注意していきたい事があります。今回は食中毒についてみていきます。 ◎主な食中毒として O157(腸管出血性大腸菌)・ノロウイルス(主に冬)・サルモネラ・カンピロバクター・黄色ブドウ球菌・寄生虫(時期問わず…

熱中症と脱水症状に注意する時期です

梅雨時でありジメジメしている事もあれば、急に蒸し暑いような天気になる事も出てくるでしょう。 この様な時期は年代性別を問わずに注意して行かなければなりません。 主な熱中症(脱水症状)の症状をまとめます。 ◎症状として ・軽度:気分が悪い・痺れ・痙…

感染者受け入れ病院のリネン洗浄と清掃業務受け入れ先見つからず

新型コロナの入院先や受診関係で受け入れをしていた病院において、シーツや枕カバーなどのリネンの洗浄取り換え業者や病院内の清掃業務を委託する業者がことごとく拒否されてしまう事態が起きていた記事を目にしました。 これは今回の新型コロナを指定感染症…

そろそろ国内のコロナウイルスの患者の数値化を止めて欲しい

緊急事態宣言が終了し、休業要請なども本日をもって終了している動きがある中で、ネットニュースなどにおいてコロナ感染状況と言う患者数の数値化表示を、そろそろ切り上げるべきではないのかと個人的には思っていまして、今回ブログのネタにさせて頂きまし…

政府による布マスク全世帯配布政策の経費などを公表すべき

3日ほど前にようやくコロナ対策の一環である布マスクが手元に届きました。 ところが自身が務める社内関連の職員なり従業員の一部では未だに届いていない人もいる事が分かっています。 政府がコロナ対策としていち早く取り組んだ全世帯への布マスク配布政策…

次亜塩素水の没落

コロナ騒動末期からつい最近まで消毒として何故かマスコミや販売事業者などが賑わいを見せていました。 そして厚労省ではなく文科省が学校での次亜塩素水での直接的な散布による消毒を中止(禁止)すると言う事態が起きました。 そもそもの話ですが、次亜塩…

政府による布マスク 配布完了の発表について

アベノマスクに揶揄される政府による全世帯に対する布マスクの配布が完了したと言う発表がされた。 自身の所には勿論届いていない。 記事も記事だが、政府による発表も誤発表だ。 何をもって完了としたのであろうか? 全世帯への配布手続きや配送元への送付…

コロナ感染再拡大に起因する事象と地域性

自粛や休業・制限などが徐々に解除されて、感染状況も落ち着きだし、やや気の緩みも出始めている所で、一部地域では人口比など関係なく新たな感染者(患者)が出て来ています。 これを第2波の懸念として捉える傾向もみられますが、そもそもコロナに限らずウ…

コロナ騒動後の世論はまた新たな事象に関心が移って行く

コロナ騒動も緊急事態宣言が全国的に解除されたことにより、徐々ではあるもののある程度は日常の活動が始まっており、交通だけでなく通勤や通学、買い物や外出なども解除と共に増加傾向にあり、一部では第2波の懸念も考えられますがワクチンや治療薬の確立…

緊急事態宣言の解除見込みの上で社会が受け入れていかなければならない事

残りの緊急事態宣言下に置かれている道都県でも解除されていく見込みが強くなってきました。 やはり経済的な損失が非常に大きく響いており、コロナが仮にまた第二波と呼ばれるような状況が訪れたとしても、もう緊急事態宣言の再発動はありえないでしょう。 …